いにしえのガーゴイルたち

二面性のクリスタル
~ パブリッシュ83 バックストーリー
(EM用資料より一部抜粋して翻訳)

 その頃ブリタニアではかつてオフィディアンからその宝 、Artificed Scionを盗んだことで取り返しのつかない事態を招いたシーフのリカルドが、汚名返上のため一つの仕事を持ちかけられます。リカルドは気付いていませんでしたが、その人物こそ影で暗躍していたミナックスで、彼女がリカルドにブラックソーン王の新しい城の保管庫から不死の宝珠の欠片を盗ませたのです。欠片を手にしたミナックスはその強大な力を使ってサーペンツピラーの持つ魔力を意のままに操り、凶悪な船乗りにして偉大なる海賊としてその名を轟かせるキャプテン・シルバージョンによって荒廃するもうひとつのブリタニアの海へと入り口を開きます。かくして迷い込んだ船はキャプテン・シルバージョンに襲われ、次々遭難して行くのです。
 トリンシックのThe Sons of the SeaにいるHepler the Salvage Masterの口利きでこれらの難破船をサルベージすれば金持ちになれるとの噂は瞬く間に広がります。Heplerは訪ねて来る者は皆、潜水スーツを手に入れるためのクエストへと送り出してくれます。果たしてグレイブウォーター湖の湖底には不可思議な現象とともに行方不明になったキャプテン・ジョンの船、アララト号が沈んでいますが、実は、キャプテン・ジョンはずっと昔にリカルドが盗んだ不死の宝珠の欠片を見つけていたのです。その欠片はキャプテン・ジョンを狂気へと駆り立て、結果的に彼は航海を共にして来た3人の乗組員を殺害してしまいます。彼らの血は宝珠の力によって腐敗し、そこからシャドウロードが生まれたのです。
 グレイブウォーター湖の湖底ではシャドウロードが今もアララト号の財宝を守っていると伝えられています。

゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚

薄暗い部屋の中で角を寄せ合い、声を潜めて議論する有翼の者たちの影がろうそくの灯りにゆらゆらと揺れている。

「師ナクサティラーのご要望通りいにしえのガーゴイルたちを呼び寄せるポータルを開くために、二面性のクリスタルは不可欠と思われます。」

「しかし依然としてその行方は判明しておらず、よしんば手に入れたとしても扱いは相当慎重にせねばなりません。我々ガーゴイル、まして評議会だけの手に負える代物ではございません。」

ガーゴイル語の辞書を編纂し、ヒューマン、エルフとの交流を深めるにあたりここは何としてもガーゴイルの先達に学びたいところ。もうひとつのブリタニアで辞書を上梓したと言われるキャプテンジョンは、後にアバタールによって救われ、ヒスロスの地にてガーゴイルと交流したと言われます。ぜひあやかりたいものです。」

「迷信かもしれませんが……。ひとつだけ方法がございます。」

ガーゴイル特有の6つの大きな瞳が一人のガーゴイル首長に注がれた。

「“ガーゴイルが決死の覚悟を持って自ら切り落とした角には、時に二面性のクリスタルに勝るとも劣らぬ魔力が宿る”と。我が一族に伝わる文書にはそうあります。」

6つの瞳がさらに大きく見開かれ、次の瞬間こらえきれなくなったように相好を崩した一人のガーゴイルが言い放った。

「であれば、あなたがそれをお試しになったらいい。他の貴重な秘薬も場合によっては無駄になってしまうだろうけれど。」

「ははは! こりゃ面白い。爪でもいいなら私のを差し上げよう。」

「ううむ。ここは全員で差し出すべきではないでしょうか?」

彼らの議論はつきることなく、夜はどんどん更けて行った。

゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚

日時: 3月24日(木)夜10時より開始(クエストは3月31日(木)まで開催)
集合場所: ブラックソーン城屋上
※ 当日ブラックソーン城中庭よりゲートを設置します。

◆ 3月31日(木)まで開催のクエストイベントのオープニングプチイベントとなります。
  ※ オープニングプチイベント以降はホーリーシティのNaxatilor the Seer に“Hi”か“こんにちは”で話しかけてください。
◆ チャットチャンネルTamchannelにお入りください。
◆ 激しい戦闘はありませんが、必要に応じて移動、防御可能な最低限の装備でお越しください。
◆ ロールプレイキャラクターの周囲は開けておいてくださいますよう、ご協力をお願い致します。
◆ 予期せぬ出来事が発生するかも知れません!貴重品はなるべく持ち込まないよう、お願いします。
◆ 以下に該当の場合、あるいはEMが問題ありと判断した場合はコールのうえ、
  イベント中止の措置を取らせていただく場合があります。
  - イベント進行の妨害、かく乱行為。
  - EM、あるいはほかのプレーヤーに対する侮辱的発言、またはそれに準ずる行為。
◆ 皆さまのイベントです。マナーを守って楽しく参加しましょう!